薄毛の種類と特徴

日本には薄毛で悩む人がたくさんいます。

薄毛は一つの老化現象だと思っている人もいますが、

薄毛にも種類があって、それぞれ特徴が異なります。

薄毛とは、字のごとく、毛がどんどん減って薄くなることですが、

いったいどういう種類があるのでしょうか?

薄毛は大きく分けて、髪の成長期に起こる薄毛と、髪の休止期に起こる薄毛の2種類あります。

髪の成長期に起こる薄毛には、ストレスによる薄毛や薬剤による薄毛があります。

ストレスによる薄毛は、過度のストレスにさらされたとき、深刻な悩みを抱えているときなどに起こります。

薬剤による薄毛は、抗がん剤などの強い薬を服用したときに起こります。

つまり、髪の成長期に起こる薄毛は、髪や頭皮自体の問題というわけではなく、

外的要因で起こる薄毛と言えます。

一方、髪の休止期に起こる薄毛がAGAと言われるもの。

AGAは男性特有の薄毛で、テレビCMなどの影響もあって、最近では「薄毛=AGA」と認識している人もたくさんいますよね。

AGAは、男性ホルモンが発毛を抑制するホルモンに変換されることが原因で起こると考えられています。

つまり、髪の成長期に起こる薄毛と違う点は、外的要因ではなく、内的要因によって起こる点ですね。

髪の成長期に起こる薄毛も髪の休止期に起こる薄毛も、どちらも髪が少なくなることにおいては同じですが、やっかいなのは後者の方。

髪の休止期に起こる薄毛は、一度起こってしまうとなかなか改善することはできません。

自分で出来る一番の対策は早めに病院を受診する事です。

今は薄毛治療、また育毛を専門にしているクリニックがあります。

例えば大阪でしたら脇坂クリニック大阪が専門の医療機関として治療にあたっています。

こうした専門のクリックを受診し、早め早めに対処していく事が予防、そして改善への大きな一歩となるのです。